ニュルニュルしてますか?

nyr986.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 08日

音楽って・・・

最近のマイブームは依然としてエフェクター作製の私なのですが、ちょっと前まではエフェクターって買うもので、造るものと言う概念は全くなかった。
ちょっと前に再開したギターですが、やり始めると凝る性分なので、自分でも困っているのですが、困る要素の一つに「欲しい機材は高い!」と言うのがあります。

ギター本体・アンプ・エフェクター。最低でもこの3点はドンドン欲が出るのですが、細かい事を言えば、ギター本体にしてもボディ材質がどうとか、色がどうとか、塗装がどうとか、ピックアップがあれだとか・・・こだわりだすとキリが無い。アンプも真空管は何が入っているとか、スピーカーはあれだとか・・・本当にキリが無い。

心の奥底ではそんないい機材はいらないという事は分かっているんだけど・・・それでもやっぱりフェンダーの50年代物は弾いてみたいと思うし、ギブソンの1958年あたりのレスポールの本物PAFってどんなのかな~と言う妄想は尽きない。
このあたりのギターになると3ケタ以上決定の高額商品なのでもちろん手が出ません。

アンプに関しては、欲しいアンプを家で理想的な音量で鳴らすと・・・・もうそこには住めませんね(笑)なので、アンプに関しては諦めがつきやすい(爆)本当は一番大事なパーツであるけど。。。

エフェクターも今や超有名なKLONのCentaur(ケンタウロス)は手が出ません。
c0153077_21344993.jpg

中古市場でもプレミアが付いて20万以上はザラ!
昔は当然対象にもしていなかったのですが、自分でエフェクターを造るようになってから、そんなに有名なペダルであるのなら一度作ってみるか!と思い作製開始。

自分で作ると、パーツ代は1万円以内ですべて揃います。
c0153077_21193859.jpg
オペアンプ2つと内部で18V昇圧するという仕組み。抵抗もカーボンと金属の合わせ技が基本だそうです。エフェクターとしては結構部品数が多いペダルです。

肝心の音はと言うと・・・なるほど、人気があるのがよくわかる。クリーンも良い、ブースターとしても使える、もちろんオーバードライブとしても良し。良妻賢母タイプの優等生エフェクターですね。素人自作レベルでこれだけ使えるので、本物はもっと良いのでしょう。

音楽というかエレキギターって面白いと思うのが、このKLON Centaurにも負けない、良いエフェクターがあります。と言うか、歪み系ペダルの中で一番好きかも知れないのがLOVE PedalのCOT50です。
中身はと言うと・・・
c0153077_21194290.jpg
この部品数の少なさ、潔さ!(笑)でも、音はすんばらしいぃぃぃのです。
ラブペダルというアメリカのメーカーさんですが、ホントいい音出します。
コンデンサーたったの2個です。電源部の電解コンデンサー入れても3個!
抵抗は4本!オペアンプは無くて、ダイオード2本とトランジスタ1個で音を造っている。
たったこれだけでなんでこんなに良い音なのか・・・・訳分かりません。

自分でエフェクター造るまではどのエフェクターも複雑な構造してるんだろうなと、勝手に思ってましたが、そうではなかったみたいですね(笑)

音楽って、面白いですな~


[PR]

# by nyr986 | 2017-03-08 21:51 | Comments(2)
2017年 01月 23日

wa.ta.shi...yama.oritai....

先日のスキーに行った時、ホテル内はもちろんの事、ゲレンデも外国人であふれかえってます。
台湾やタイからの旅行者が多いようで、初スキーだろうし、もしかしたらはじめての雪とのふれあいの人も多いのでしょう。

スキーJAM勝山には子供専用のゲレンデがありますが、今年は外国人に占拠されてます。

うちの子供たちをひとしきり子供ゲレンデで遊ばせて、疲れたというお言葉と共に、私の自由時間到来(笑)
頂上まで一気に登り、滑ってはまた登る。

歳には勝てず、年々足腰の筋力が衰えているので、途中何回か休憩。
この日は、頂上に向かうリフトの調子が悪いようで、何回か止まっていた。
そろそろ宿に戻ろうと、中腹で一服していると、女子三人組が歩いて近づいてくる。

もしかして逆ナンか?(爆)ゴーグルしてるし、スキーウェアマジックでかっこよくなってる?(笑)

でもなんか変で、斜面の途中なのにこの三人組スキーもボードも持ってない。
持っているのはカメラだけ。。。
そして、片言の日本語で「ワタシ ヤマオリタイ。。。ドコイケバイイ。。」(汗)

写真を撮りにリフトに乗って登って来て、歩いてウロウロしていたんだろうか?
「一番近いリフト乗り場までは、斜面を2・300m登ればいけると思うけど。」
と言ってみたものの、通じているかどうか分からん感じだったので、山の斜面を指さして
「オーバーゼア」と言って、その場から立ち去るニュルであった(笑)

雪やスキー場が無い国の旅行者がこれからも増えるだろうから、これからもこんなことがあるかもな~


[PR]

# by nyr986 | 2017-01-23 17:24 | Comments(0)
2017年 01月 19日

スキー旅行

c0153077_09102045.jpg
スキーjam勝山に来てます。雪不足で正月に来ることができなく、週末のドカ雪で一気に積雪があったので、来ました。
c0153077_09103743.jpg
平日だし急に積もったので人は少ないですが、多分半分は外国人。特にこのホテルは台湾に力を入れているようで台湾からのツアー客が多いですね。

子供達も今年は初のスキー体験。去年はソリオンリーでしたが、あまり怖がることもなくスキーをたのしんでます

[PR]

# by nyr986 | 2017-01-19 09:09 | Comments(0)
2016年 11月 19日

沼にもいろいろあるけれど

c0153077_21443867.jpg

久しぶりにブログを開きました。先月までバタバタしていて結構忙しくしてましたが、今月に入ってからむちゃくちゃ暇です(苦笑)アマチュアゴルフ選手権も今年の試合は終わっちゃったし、なんか試合が無いとテンションが下がって練習もあまり行ってない。結局今年は1次予選は通過するけど、全国大会予選で敗退と言ういつものパターンのまま。途中まで70台出そうな雰囲気があるけどどこかで大たたきするホールがあって平凡なスコアになっちゃうな~。そろそろ練習方法を変えないといけないかな・・・と思う今日この頃。
そんなもんだからもっぱらギターで時間を潰しているのですけど、最近はギター弾いているというよりはエフェクター作製に時間を費やしてい暇をごまかしている感じ(^^;;
今月だけで4台作ってしまった。。SRVサウンドを追い求めるとドンドン深みにはまる恐ろしい沼です。
SRVサウンドと言えばTS-9や808を基本とするのはSRV本人のセッティングがそうだったからで、音の大きさやアンプなどの機材は同じようにするのは不可能。何より、あのピッキングは真似できない。
自宅で鳴らせる音量のなかで、それらしく「あの音」を出すにはエフェクターに頼るしかない。
どれだけの人がどれだけのエフェクターを試行錯誤しているのだろうか。
最近、抵抗とコンデンサーに凝りつつある。。。(笑)
ギターとオーディオは全く違うと思うけど、歪ませて音を造るサウンドの世界において言えば、値段が高くローノイズの抵抗やコンデンサーが良いとは限らないのがややこしい。
この間、手持ちのエフェクターのコンデンサーをAVXやOSコンなどにグレードアップしてモディファイしたら変な音になっちゃたし。。。ほんとむずい。

ニュル自身でいえば、以前menatoneのworkingmans buleを興味本位で買って、ゲーリームーアを弾こうと思ったけど、凄いブーミーなサウンドで使い物にならない・・・3万円もしたのに。。。(泣)
ダメだこりゃ・・・って思っていて何気にGainを下げて、前段にバッドモンキーをブースターで噛まし、ストラトに繋いでアンプのクリーントーンチャンネルで弾いたら、ものすごくSRVサウンドに近かく、ビックラポン!
意外な事でいえばVEMURAM JanRayもかなりいけてます。

もっともこれはアンプがヒュースケトナーの場合の話で、他のアンプだとまた違うと思う。

カメラのレンズ沼と同じで、答えが見つからないこの沼。答えが見つからないからこそ楽しさがあるんだと思うし、趣味としてはそこんところが大事なんだろうなと思う次第です。


[PR]

# by nyr986 | 2016-11-19 22:15 | Comments(2)
2016年 10月 21日

フランケン3兄弟

c0153077_21391761.jpg

フランケンと言ってもモドキばかりですが。。。
最初に作製したのが左のギターで、ヤフオクで3000円で買ったメーカー不明のギター。
でも、ボディはアルダーボディでネックも結構よかった。お買い得ギター。
もともとは普通のストラトだったんですが偽物フロイドローズを取付。
ピックアップはダンカンのTB59。
モドキなんでフロント・センターにシングルコイルを付けて使用。
ただ・・・やはり偽物フロイドローズはチューニングが狂います。。

で、真ん中のギターを追加で作成。
フェルナンデスのギターでブリッジはフェルナンデス純正のブリッジ。
でも、ネックが気に入りません。ネックと言うかフレットが細くて嫌い(笑)なので、ほとんど弾いてなく
完全にオブジェ化してます。ローズウッドの指板は嫌いじゃないけど、ことフランケンに関してはやっぱりメイプルじゃないと気分が乗りません(ここ大事)

やはり本物のフロイドローズが最初からついているギターが良いなと思い、ヤフオクチェック。
ネックはメイプルの22フレットが条件。
そこで白羽の矢が立ったのがクレーマーのJK2000と言う古いギター。
たぶん20年ぐらい前のギターだと思う??

サクサクっと適当にフランケンモドキにペイントしてできたのが右側のギターです。
こちらはフロントリア共にハンバッカー搭載としました。
余っていたピックアップを使用して、リアにダンカンのSH-4.いわゆるJBと言うやつですね。
フロントはSH-1いわゆる59と言うやつですね。
弾いてみると、ネックの形状がチョット太目かな?と感じますがまずまず良い感じです。
フロイドローズはこちらはメイドインジャーマニ―のオリジナルが付いていて、やはりオリジナルは信頼できますね。安心感があります。
リアのJBはやはりパワーがあります。59と比べると歪みますね。

置き場所も無くなってきたので、もうフランケンは造らないと心に決めてます(笑)



余談ですが・・・下の写真はエディヴァンヘイレン認定のレプリカで、世界限定300台。
そのお値段・・・なんと350万円だそうな。。。

c0153077_21584431.jpg


[PR]

# by nyr986 | 2016-10-21 21:55 | Comments(0)