ニュルニュルしてますか?

nyr986.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 13日

Fender Deluxe Reverb 1974 メンテ終了?

c0153077_10344151.jpg

ほぼほぼフルオーバーホール。
抵抗、コンデンサ、ボード交換。真空管ソケットも配線材も全て交換。

c0153077_10344264.jpg
  フィルムコンデンサは一旦すべてオレンジドロップに交換してんですが、VIBRATO CHの所は
一部SoZoに変更。

c0153077_10344287.jpg
真空管も全交換したんですが、パワー管はTADの6V6GTーSTRに交換。
プリ管はTAD7025をメインに他いろいろ。
整流管は何でもいいと思い、安いエレハモを入れてました。と言うのも整流管で音が変わると思ってなかったんです。でも、整流管でも音が変わると言う意見もあり、半信半疑でRCAのオールドストック管軍事用をebayにて購入して差し替えました。
やばいっす。無茶苦茶良い音になったんですけど(笑)

同時にスピーカーをジャンセンからエミネンスのTonkerに交換したから整流管かスピーカのどっちの影響が大きいのか不明ではありますが(苦笑)

まあ、何にせよメンテ前とは別物の音に変わりました。
最後はスピーカーケーブルを交換して終わり。
c0153077_10344007.jpg
ウェスタンエレクトリックのケーブルに交換します。

デラリバの音が良くなったので、最近マーシャルの出番が少なくなりました。





# by nyr986 | 2019-02-13 10:49 | Comments(0)
2019年 01月 24日

Fender USA VS MEX

c0153077_22222364.jpg
フェンダーと言えばストラト。ストラトと言えばフェンダー。
右側のはUSA製のアメリカンヴィンテージ(通称ビンスト)で、もうひとつはメキシコ製のジミーボーンモデル。
日本では本家はUSA製で、フェンダージャパンモデルとは違うように扱われている。メキシコ製はUSA製よりも劣ると言った評価でしょうか?
精巧な作りのフェンダージャパンか、本家のUSA製か?間を取ってメキシコ製か?みたいな価格設定になってますけど、アメリカではUSA製かメキシコ製もあまり気にしないとの情報もあります。
写真の2本を比べると造り精度の違いや材料・パーツの違いは確かにある。
特に電装系のパーツの違いは顕著。では、メキシコ製の音が悪いかと言えば・・・全くそんな事は無く、良い音してます。

c0153077_22222313.jpg
持っているメキシコ製ストラトはネックがメイプルですが、指板面の塗装が非常に薄く、すぐに剥がれます。まるで40~50年ぐらい弾き込んでいるかのような傷み具合。いわゆる自然なレリック仕上げとでもいうのですかね(笑)
最上機種のフェンダーカスタムショップ製なんかだとへたすりゃ100万コースですもんね。レリック仕上げは。
ちなみにこのメキシコ製はヤフオクで3万円で落札。前オーナーから大切にされてなかったようで、フレットはボロボロ、埃まみれ、各金属パーツは錆びだらけ。。。
やっちまったな。。。と思ったんですが、アンプにつないで取りあえず音出すと、良い音したので、全バラにして磨いて、フレット打ち直して、配線やり直して、本来の姿に戻しましたが、無茶良いです。
お買い得でした♪



# by nyr986 | 2019-01-24 22:43 | Comments(0)
2019年 01月 24日

Fender Deluxe Reverb 1974 メンテ終了

c0153077_10151037.jpg
元々は1974年製のデラリバ シルバーパネルのAB868回路でしたが、メンテ済みで購入したにもかかわらず結構痛んだパーツが研鑽された。まあ、音の好みは十人十色なので、使い古したパーツの音が好き!って方も居るのでしょう。
そのままでも使用できる状態ではあったんですが、弄りたいモードだったのと、AB763回路に組んだ時の音の差を確認したいのもあって、組み直しました。
毎年1月は暇なんで弄りたいモードが90%ですが(笑)

c0153077_01253133.jpg
コンデンサを何使うか迷ったんですが、定番のオレンジドロップで取りあえず様子見です。プリ管の1個だけ手持ちが無く、チョ―古い12ATが入っているんで、後日要交換ですね。

夜中に組みあがったんで、音の確認は明日のお楽しみです♪





# by nyr986 | 2019-01-24 01:35 | Comments(0)
2019年 01月 19日

Fender Deluxe Reverb 1974 組み直し

c0153077_23003887.jpg
デラリバですが、一応いくつかのコンデンサを交換したのですが、配線がかなり傷んでいるし、真空管ソケットも焼け気味なので、この際新しく組み直す事にしました。
c0153077_23003913.jpg
ファイバーボードもかなりくたびれていて、ところどころ反りかえってますし、これまでのオーナーの修理履歴の中で、配線経路がかわっているところもあるので、ボードも新しくします。
c0153077_23003892.jpg
コンデンサは当初Malloryで行こうかと思ったんですが、定番のオレンジドロップをメインに使用する事にします。配線材は高圧側はベルデンのテフロンワイヤで、信号線は単線のクロスワイヤで配線し直す事にします。
半田は定番のKester44。AB763の定数いわゆるブラックフェイスで組み直しです。
真空管はオールドストックも考えたんですが、TADの真空管が好きなのでTADとエレハモでとりあえず様子を見てみよう。













# by nyr986 | 2019-01-19 23:11 | Comments(0)
2019年 01月 05日

Fender Deluxe Reverb 1974 内部

c0153077_10151037.jpg
元の設計図とは違う点が結構ある。
オリジナルよりも良くしようとしてこれまでのオーナーの中で誰かが回路変更したんでしょうけど、どこまでオリジナルに戻すか検討しようかな。
取りあえず、ノイズを少なくしたいのと、低音がブ―ミーなんで電解コンデンサと古いコンデンサをグレードアップしてみよう。
















# by nyr986 | 2019-01-05 10:19 | Comments(0)